読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a piece of cake

理学療法士→青年海外協力隊→セブ島インターン留学→カナダワーホリを経て、2016年9月5日世界一周に出発。

ブエノスアイレスでトラブった話その弐

世界一周

散歩から帰ってきたらオーナーさんに別室に呼ばれた
なんやねん?
すると、他の客のお金が盗まれたらしい
それで?
そのときドミの部屋におったのはオレだけじゃと
冤罪じゃー!
こーゆーのほんまにあるんじゃな
無罪を証明しよう思っても荷物を隅々まで見てもらうことしか思いつかん
って言ったら、「隠そうと思えばどこでも隠せるからね」
いや、まーそうじゃけど
使おうと思えば使えるし
両替しようと思えば両替できるし
冤罪晴らすのめっちゃむずいんですけど
向こうは警察を呼びたい、と
勝手にせーや
こっちは逃げも隠れもせんわ!

とりあえず第三者に立ち会ってもらって
荷物を確認しようということに

あー気悪いと思っとったらそのおっさんが話しかけてきた
「おんどれ、ホンマどない思ってんねん」
「お前がやったんやろが!お前しかおらんのんじゃ」
僕が「やってません」って言うと
「まぁやったやつはそー言うじゃろーな」
おいおい超高圧的なんですけどー
何様やねん

さらにオーナーさんを巻き込んで続く
「ドルもユーロもあったじゃろ?あったよな?」
「部屋に戻ったらバッグが落ちとったんじゃ。どーやって勝手にバッグが動くねん!」
「こっちが気悪いわ」
知らんし
お前が自分できるし動かしたんじゃろ
冤罪かけられたこっちの方が気悪いわ!

それから大使館への行き方やらなんやらオーナーさんと喋ったあと
彼は部屋に戻った

オレはなんか精神的に疲れてボーっとしとると
オーナーさんがやってきて
「出てきました」
え?まさかオレのバッグから?
もしかして自分でも覚えてないうちにやったんか?
するとおっさんもきて
「出てきました」
いや、それで、「どこからですか?」
「私のスーツケースの中から」
ほれみーや
まずは人を疑う前にちゃんと探せーや
しかもなかなか謝らんおっさん
最後にようやく「すいません」と
いや、まずすいませんじゃろ
この人えー歳して人間としてどーなん?

そっからオーナーさんに促され
ビールかワインか奢ってくれようとしたり
飯に連れてってくれようとしたけど
こっちとしてはもう彼とは関わりたくないわけで
やんわりと拒否
「食欲ないんで」
いや、マジで食欲はない
ってかお前と2人で飯食っても楽しくねーわ!
あー、なんか一気に疲れた

あの高圧的な態度、言葉遣い、大嫌いじゃわ
まぁそんな喧嘩売ったりしたくねーけぇ
「謝罪いただいたんでもういいです」
の一点張り
ホンマは嫌味の一つでも言ってやりてーけど
そしたら向こうと同じレベルになってしまうけぇな

冤罪かけられた人の気持ちが分かった貴重な体験じゃった
もう二度とは体験したくねーけど

あとんす