a piece of cake

理学療法士→青年海外協力隊→セブ島インターン留学→カナダワーホリを経て、2016年9月5日世界一周に出発。

世界一周

バルパライソとビーニャデルマル

ウォールアートや斜面にたたずむ家々や教会などの街並みで世界遺産登録されているバルパライソ 隣町のビーチリゾート地、ビーニャデルマルから電車で20分くらいちなみにバルパライソはチリで最も治安の悪いところらしい…あートラウマが蘇るユネスコの審査…

真夏の大都会サンチアゴ

プエルトモントからサンチアゴのバスターミナルへそこから宿まで歩いて30分くらいそれにしても暑い涼しかったパタゴニアから一転また真夏に逆戻り 汗だくになりながらケチャップに気を配りTares Hostelへと思ったらここもぬけの殻…ブエノスに続きこちらで…

アウストラル街道縦断の旅を簡潔にまとめてみた

エルチャルテンを後にし夜行バスでロスアンティグオスへここからいよいよチリへ渡るで着いたのは朝7時過ぎ バスターミナルのオフィスはまだ閉まっていて窓口を回ってみるとSPORTMANという会社がチレチコ行きのバスを出してるっぽいそれまでに残りのアルゼン…

Patagoniaの朝焼け

今日は宿のみんなでフィッツロイの朝焼けを見に行くことに 集合時間は5時 朝焼けは6時半ごろから 起きたら5時半… 5時半? はい、寝坊しましたー トイレだけすませて出発 朝焼けポイントまで約1時間 間に合わん! これは走るしかない 寝起きにはキツいわ…

ペリトモレノ氷河とフィッツロイ山

ペリトモレノ氷河とフィッツロイ山 パタゴニア名物のペリトモレノ氷河世界で3番目に大きいんだとか拠点はエルカラファテという街 ウシュアイアから到着したのが夜中の1時8時のバスに乗るけぇバスターミナルのベンチで就寝と思ったらポリスが来てここで寝る…

最南端からの手紙

国立公園の中にある小さな小屋ここは世界で最南端にある郵便ポスト 小屋の中ではおじいちゃんがポストカードや切手を売っとる ところどころで実家に送っとるポストカードもちろんここでも送ります ポストカード選んで切符貼ってスタンプ押してもらって投函!…

3500km50時間バスの旅

3500km50時間バスの旅 アルゼンチンの首都ブエノスアイレスから最南端の町ウシュアイアへ総走行距離3500km所要時間50時間弱ハンパねー直近での飛行機は3万超えにて断念 16時半にレティーロバスターミナルからANDESMAR社の二階建てバスに乗り込む トイレ付き…

ブエノスアイレスでトラブった話その弐

散歩から帰ってきたらオーナーさんに別室に呼ばれたなんやねん?すると、他の客のお金が盗まれたらしいそれで?そのときドミの部屋におったのはオレだけじゃと冤罪じゃー!こーゆーのほんまにあるんじゃな無罪を証明しよう思っても荷物を隅々まで見てもらう…

ブエノスアイレスでトラブった話その壱

ケープタウンからヨハネスブルグ、サンパウロと乗り継いでアルゼンチン・ブエノスアイレスに到着いよいよメインの南米旅スタート まずは予約しとった日本旅館へピンポーン、ハーイと出てきたのはハゲのおっさんと評判最悪のおばちゃん開口早々「すいません」…

アフリカの先っぽはただの東映じゃった話

アフリカ大陸の南西端に位置する喜望峰喜望峰が希望峰じゃねーのは誤訳じゃったけぇとかなんとかかんとか できたら人集めてレンタカーで行きたかったんじゃけどタイミング合う人おらんでツアーに参加するハメにBaz Busっていうとこマダガスカルで会ったコリ…

旅路の寄り道

アフリカ大陸の締めは 南アフリカはケープタウン 別にこんでもえかったんじゃけど どうせヨハネス経由じゃし 喜望峰くらい見とこうかと思って寄り道 せっかくじゃけぇちょっと散策 パステルカラーの家々がかわいらしいボケープ地区 ライオンズヘッドから見る…

リトルプリンス・ワールド

星の王子様に出てくるバオバブ 世界中に何種類かあるうちの最も多い種類が生えるマダガスカルここモロンダバから車で30分くらいのところにそのバオバブ街道がある 夕焼けに染まるバオバブはなんとも美しいそうなできれば横向きに走るサルを見にキリンデイ自…

タクシーブルース

名前とはうってかえって全然渋くないむしろ辛い以外なにものでもない乗り物 それがタクシーブルースタクシーつってもただの長距離乗り合いバン 16時間の工程を20時間以上かけたり4人がけのところに6人乗ったりと悪評しかないこの変哲な乗り物 でもモロンダ…

ここ、マダガスカル

ようやくタンザニアを脱出ダルエスサラーム➡︎キガリ➡︎ヨハネスブルク➡︎ナイロビ➡︎アンタナリリボ…計4回のトランジットを経て約40時間マダガスカルの首都アンタナリリボへ到着 深夜着のためまずは空港泊リーガルハイを見ながら時間を潰すそーいえばキガリ…

エデンの園

ザンジバル島の東側 パジェにやってきた ビーチ! ローカルビーチ!! やっぱりこーゆーところが一番落ち着くことを再確認 束の間の楽園 ここの宿 Paradise Beach Bangalore は日本人の三浦沙織さんが経営している とても温厚でご丁寧な方じゃった そしてザ…

ザンジバルでザンジバル

嫌な思い出しかないダルエスサラームから 楽園のザンジバルへ フェリーでとぼとぼ4時間 やっとザンジバル・ストーンタウンに到着 ほんまじゃったら昨日のうちにここに着いたはずじやったのに… ザンジバルは昔奴隷貿易で栄えた町らしい そしてまたしても迷路…

ダルエスサラームがやっぱりダルエスサラームじゃった話

いやー結論から言うとタクシー強盗的なもんに遭ってしもうたまぁよく聞く話じゃけど直接旅人から聞いたことはなかったしまさか自分が!って感じじゃわ 今までそんな気配すらなかったんとちょっと旅慣れしてきたこと登頂失敗して気が抜けてたことなどなど要因…

キリマンジャロ登山⑥

High camp(3950)➡︎Meka gate(1630) 昨日げざんをサボったせいで今日は永遠と2300mの下山ってかこの後に及んでやっと晴れたキャンプサイトから見えるキリマンジャロが腹立たしい 下山は特におもしろくないってか登頂もしてねーけぇ感動も達成感もない下山…

キリマンジャロ登山⑤

Barafu camp(4643)➡︎山頂アタック失敗➡︎High camp(3950) 震えながら起床23:00連日の雨でマットレスや寝袋もなかなかの湿り気防寒具重ねても寒すぎて全然寝れんかった顎がカクカク言うとるわホッカイロ背中に貼ってもたいしてあったかくねーししかも集合…

キリマンジャロ登山④

Baranco camp(3900)➡︎Barafu camp (4643) 午前8時前に出発この日は起床時から雨ー昨日の夕食後は星見えたのになーはい、もう4日連続雨ーもう雨に対して何の感情もねーわ 今日は長かった17時まで永遠小雨の中をゆっくり歩を進めただけ手袋も靴もビショ…

キリマンジャロ登山③

Shira cave camp(3875)➡︎Lava Tower (4600)camp➡︎Baranco camp(3900) 朝7時半出発のはずが予定通り8時出発そしてこの日も歩き始めてすぐに雨ーもうこれで3日連続の雨ーもう今日はさすがに雨降る覚悟しとったわ 今日は一路登りに登って5時間高度460…

キリマンジャロ登山②

Machame camp(3010)➡︎Shira cave camp(3875) 昨日の雨が嘘のような快晴キャンプサイトから今日登る稜線がくっきり見える昨日の生乾きの服やタオルを乾かしつつ朝飯タイム英気を養って8:30出発陽が出てればまだTシャツで十分雲が出ても暑くなく、寒くな…

キリマンジャロ登山①

Machame gate(1800)➡︎ Machame camp(3010) さて、いよいよキリマンジャロ登山出発この日までトレーニングは0作戦会議も0適当な情報収集と曖昧な決意でこの日を迎えてしまった 9時ピックアップは予定通り10時前に到着そこから他の登山客を拾ったり買…

サファリツアー③

昨日に続いてセレンゲティ国立公園をゲームサファリ 収穫は♂ライオンの昼寝を近くで観たくらいあー、サイ見たかったなー途中、ほんまは禁止されとるけど漏れそうじゃったもんでサファリのど真ん中で放尿開放的にも程があるわ この日は2時間くらいで終了あれ…

サファリツアー②

メインのセレンゲティ国立公園へ途中マサイビレッジを通りかかったちなみにンゴロンゴロ自然保護区にはマサイ族のみステイ許可があるらしいランクルが見えると道端のマサイキッズが マサイジャンプを始めとった噂通り全然飛べてねー跳ねとるだけじゃ そして…

サファリツアー①

サファリツアー3泊4日の始まり 早朝5時、モシを出発して3時間 サファリの拠点アルーシャのキャンプサイトに到着 ここでランクルに乗り換えてンゴロンゴロを目指すことに他のツアー会社の客と合流したりスケジュールがちょくちょく変わるけど大丈夫なんじ…

キリマンジャロの白い雪

ダルエスサラームからバスで10時間 キリマンジャロの麓モシに到着 あいにくキリマンジャロには雲がかかってまだその姿は拝めませーん 日本人バックパッカー御用達のキリマンジャロバックパッカーズはめっちゃキレイで居心地もいい6ドルとやしーし、朝飯付…

風に立つライオン

カイロから約6時間タンザニアはダルエスサラームに到着ほんまは陸路でアフリカ縦断しようとも思ったけど、ビビりすぎて空路を選択まぁ行きたいのはタンザニアとマダガスカルくらいじゃけぇ、まぁえんじゃけど空港から市内へ行くのにおばちゃんにバスを聞い…

スフィンクスが望むその先には

カイロはギザ地区ここは三大ピラミッドとスフィンクスの佇む場所カイロ中心部からバスで1時間くらいバスを降りても街の中でピラミッドはまだ見えず とことこ歩いていくと塀の奥からピラミッドが見えてきたー遠くなのにでけーってか歩いても歩いても全然近づ…

テロ頻発危険度急上昇のカイロへ飛び込んだ

先週末から今週にかけて 2回カイロでテロが起こったらしい 1つはピラミッド入口の検問所 もう1つ恥ずかしいオールドカイロにある有名な教会で 最近落ち着いてたのにまたなんか嫌な感じになってきたなー IS絡みか宗教対立か知らんけど テロだけはマジで勘…

青い穴

ここダハブは世界でも有名なダイビングスポット紅海リゾート地の一部ダイビングも格安でできて、ダイバーには人気の場所 中でも有名なのがBlue Holeサンゴ礁が円形状に佇みその中は水深130mという深さ 上から見ると色の境目がくっきりと見れて超キレイ この…

いざアフリカへ

エイラットへ到着ここはイスラエルで1番のリゾート地目の前には紅海が広がり対岸にはヨルダンの灯火が見える ここでの目的はエジプトビザの取得エイラットにあるエジプト領事館は午前中だけで開館するそうな ちょっと前まで午前申請の午後受け取りができたら…

Dead or Alive

イスラエルとヨルダンの国境をまたぐ巨大な湖 それが死海 とんでもない名前じゃけど 英語でも Dead Sea こっちの方がインパクト強いな 塩分濃度が濃すぎて生命は朽ち果て 人間はプカプカ浮いてしまう なんとも摩訶不思議な湖じゃ エルサレムからバスで2時間 …

soldiers hanging guns

イスラエルではどこでもイスラエル軍が警備にあたっとる特に旧市街の観光名所とかはいたるところに銃を持った兵士がよーけぇおるわ荷物検査もいたるところで実施中めんどくさ 神殿の丘に入るときに昨日顔なじみになったポリスマンに兵士がお前と写真撮りたが…

New or Old

エルサレムには新市街と旧市街があるんじゃけど 文字の通り全く街並みが違う 新市街はヨーロッパ風なちょっと小洒落た雰囲気 カフェやブティックが道路沿いにならんどる 商店街も活気がありますねー 何年か前にトラムも走り出したそうな 旧市街は昔の趣を残…

聖地巡礼

聖地エルサレムといえば キリスト教・ユダヤ教・イスラム教の聖地としてあまりにも有名 ベタとはわかりながら行ってみることにしたわ 聖墳墓教会教会 Church of the Holy Sepulchre イエスキリストのお墓があるとこ お墓までスーパー行列に加え ここにきてま…

お願いじゃけぇ、イスラエルに入国させてください

やってきましたイスラエルはベングリオン国際空港はてさて、無事に入国できるのでしょうかあるいは、別室送りとなるのでしょうか トイレにも行けず長時間待たされるということで着陸後トイレでぶっかまし勇気を出して Pasport Control へキレイなおねえさん…

お願いじゃけぇ、インド出国させてください

最も入国審査が厳しいといわれるイスラエルかなりの高確率で別室送りとなる恐怖の空港 そんなこんなでかなりビビりながらデリーの空港でチェックインこれも前日から出発時間変更のメールが何件も来てどれが正しいんか全然わからん状況一応余裕持って出たらエ…

悪評高きデリー

アーグラーからデリーへGeneralで向かう3時間半って聞いとったんじゃけど7時間かかりました鈍行乗ってしもうたんかな電車止まり過ぎ… Generalは2回目じゃけど今回どうしてもやりたかったことそれは、荷物棚に乗ること!乗車率300%のGeneralでは下の座席や通…

朝霧に包まれて

結局9泊も沈没したバラナシを離れ夜行電車Sleeperクラスでアーグラーへ ここは世界遺産タージマハルを擁する町である タージマハル周辺の建物は全て薄ピンク色の土壁お店の看板は全て茶色地の白文字 景観を損なわないように統一しとるみたいこういうところ好…

ナンバーワンドリンク

インドの食事といえば カレー、カレー、カレー カレーしかねー とりあえず全部カレー味 そんな中唯一癒しを与えてくれる飲み物 それは ラッシー!! お腹に優しい感じ ヨーグルトとミルクと砂糖?かな材料は トッピングもフルーツでいろとりどりに バナナラ…

南アジアは僕にとって鬼門である

あー、ダルい。 この2、3日で一気に体調悪くなった ガンジス川で沐浴したせいかなー。 鼻と喉からきたけぇ、たぶん空気の悪さのせいじゃと思うんじゃけど ネパールでも下痢と熱発なったし 南アジアが鬼門じゃわ おかげでスケジュールもぐちゃぐちゃで 行きた…

聖なる川に日出づる

ガンガーに昇る朝日を見るために 早朝5時起き まだ暗いうちからメインガートからボートで出航 沐浴は朝日の時間にやるのが最も神聖らしい ガンガーから臨むガートもまた雰囲気がいい バラナシは1日中モヤがかかっている またそれも幻想的に見えるんよなー …

ガンジス川で平泳ぎ

聖なる川ガンガー(ガンジス川)体を清め、神に祈りを捧げる神聖な行い 長澤まさみはここでバタフライをしたそうなあれはほんまにガンジス川っていう疑問はあるけどそこら辺のインド人いわくほんまに長澤まさみはここで泳いだらしい ガンガーには火葬した死…

聖地バラナシに辿り着く

ガヤから2nd seating(最下層クラス)の電車に揺られること5時間 ヒンドゥー教の聖地バラナシに到着 出発が早朝じゃったせいか席は確保できたのが救い徐々に乗客が増え始め連結部分や通路まで埋まってしまう 4人がけの席に5、6人座るともうギューギューこれ…

仏教の聖地で座禅をし自己を見つめ直す

ブッダガヤは言わずと知れた仏教の聖地 その昔シッダールタがブッダガヤの菩提樹の下で悟りを開き解脱した場所である 菩提樹の周りでは多くの仏教徒が熱心に経を読み座禅を組んでいる 自分は仏教徒じゃけど、実際仏教のことはよーわからん自分ちの宗派ですら…

深夜特急に揺られて

コルカタからガヤに向けて 20:30発 DOON EXPRESS に乗り込んだ 初めての寝台楽しみでしょーがないコルカタのハウラー駅は始発駅のため定刻の30分前にはホームに列車がやってきた自分の乗る車両を探しシート番号を見つける日中3人がけのコンパートメントは夜…

マザーハウスと死を待つ家

コルカタに来た目的はただ1つ マザーハウスでボランティアすること 国際協力分野を志したときから 一度は来たかった場所の1つ 故マザーテレサが設立した団体 孤児院や障害者用など5つの施設がある その中でもひときわ気を引くのが 『死を待つ家』 深刻な病…

救世主現る

途方に暮れATMを探す両替所にも一応聞いてみる闇商にレートを相談してみる この先の旅のことを考えると米ドルはあまり使いたくないATMから引き出すのがベストなんじゃけどなー一回の限度額が2000ルピーに制限されとるけぇこれを長蛇の列に並びながらインド旅…

インドの洗礼

2016年11月13日 コルカタに到着空港でインドの危機にいきなり直面した 遡ること4日インドの総理大臣が急に高額紙幣の1000ルピー、500ルピー札の無効化を宣言したのだ新しく2000ルピー札と新500ルピー札が導入される理由は偽造紙幣の流通を防ぐためじゃけど…